レビトラとED。その戦いはすぐに決着がついた。あんなに長く戦ってきたEDとの戦いに、こんなにも早く決着がつくなんて思ってもいなかった。勝者レビトラ、感謝永遠に。

レビトラがEDに勝利し、喜ぶ男性

レビトラと認可とオオサカ堂について

勃起不全で悩む男性は多く、日本でも様々なメーカーが勃起不全の治療薬を販売しています。
勃起不全は、治療が不可能な病気ではなく、薬で改善する人も多いです。
勃起不全は、様々な原因によって起こります。
若い人の場合、心因性の勃起不全を発症する人が多いです。
自慰では勃起するのに、パートナーの前では勃起しないという人は、心因性の勃起不全です。
日本では、生活習慣病にかかる人が多いのですが、高血圧や糖尿病などの生活習慣病も、勃起不全の原因となります。
高血圧は、血管にストレスがかかり、血液の流れが悪くなることで勃起不全となります。
糖尿病は、神経や血管に影響が出るため、血液の流れが抑えられてしまい、勃起不全となります。
更年期は、女性だけでなく、男性にもあります。
男性の更年期障害は、早い人だと40代から始まります。
男性の場合、更年期障害を発症しても、気がつかない人も多いです。
更年期障害の原因のひとつが、男性ホルモンです。
勃起障害だけでなく、集中力の低下や疲労感、頭痛などの症状が出た場合は、なるべく早く病院で診察を受けた方が安心です。
勃起不全の治療薬の中で、日本で人気が高いのがレビトラです。
日本では、2001年に承認申請が行われ、2004年に認可されています。
レビトラの成分は、バルデナフィルです。
バルデナフィルは、陰茎の緊張をゆるめて、血液の流れをスムーズにします。
レビトラは、国内外で臨床試験が行われ、7割以上の割合で有効となっています。
レビトラは、オオサカ堂など輸入代行会社のサイトからも購入することができます。
輸入代行会社を利用して購入する場合、安い価格で購入することができますが、使用は自己責任となります。