レビトラとED。その戦いはすぐに決着がついた。あんなに長く戦ってきたEDとの戦いに、こんなにも早く決着がつくなんて思ってもいなかった。勝者レビトラ、感謝永遠に。

レビトラがEDに勝利し、喜ぶ男性

レビトラが使えない場合でもICI治療で勃起が可能

レビトラなどのED治療薬は80%の確率でEDを改善できると言われています。
しかし、なかには重度の糖尿病や腎臓病、併用禁忌薬のニトログリセリン製剤を服用していて、その恩恵を得られない人もいます。
こういう人の勃起を可能にするのが、ICI治療です。日本では未承認ですが、治療成績は98%と非常に高いです。
ICI治療はED治療の最終手段といわれていて、医師によって調合された製剤を陰茎の海綿体に直接注射します。これで強制的に勃起を起こさせます。
レビトラなどの内服薬と違って、ICI治療は性的刺激を受けなくても勃起します。なので、たとえ神経が損傷して性的興奮を伝えられないEDでも勃起が可能なのです。
痛そうですが、注射針は髪の毛程度の太さで、注入する薬液の量も0.1cc程度と少量です。一瞬チクっとするだけで終わります。
薬の成分は血液中にまわらないで、注入から約5~10分で勃起が始まり、30分で効果がピークに達します。持続時間は3時間程度です。
たいていは、最初の1回目は医師が注射してくれます。しかし、2回目以降は方法を伝授されて自己注射するパターンが多いです。
このICI治療があまり流行っていないのは、内服薬による治療と比べて圧倒的に高いからです。レビトラなら20mg錠で1,800円くらいが相場ですが、ICI治療は1回あたり1万円もします。5倍以上も費用がかかるとなれば、いくら効果が期待できてもためらってしまうものです。
このICI治療は、レビトラなどの内服薬による治療と違って、日本国内では厚生労働省から承認されていない方法です。海外では当たり前に使われている方法で安全性は高いですが、日本では治療の効果や副作用は自己責任になってしまいます。